• 山尾研究室では将来のワイヤレス通信で必要となる 戦略的要素技術
    社会に貢献できる 実践技術の研究・教育を行っています。




    (一般向けのご紹介⇒こちら) 
    (学生、技術者向けのご案内⇒こちら











    あらゆるものにワイヤレス技術が⇒こちら

                                                   
    ■2018.11.29 山尾教授は電子情報通信学会のマイクロウェーブ展の基礎講座「5Gに向けた増幅回路技術」で、広帯域・マルチバンド非線形補償技術について講演しました。(スライドはこちら
    ■2018.11.20-21 電子情報通信学会の無線通信システム(RCS)研究会にて、 大学院生の阿部友希君(M1)と舟山空良君(M1)が研究発表を行いました。
    ■2018.11.15-16 電子情報通信学会のマイクロ波(MW)研究会にて、大学院生の今井祐介君(M2)と阿久津直人君(M2)が研究発表を行いました。
    ■2018.11.13 【研究室公開と卒研配属予定のみなさんへの研究室説明会のお知らせ】
    山尾研の研究室公開を調布祭中に以下の日程で行います。
    日時: 11月24日(土)~11月25日(日)午後1時~4時
    場所: 東10号館4階 411実験室
    内容: これからの社会にとってますます重要な社会基盤となるユビキタスワイヤレス通信(第5世代携帯通信用回路・装置技術、自動走行に向けたITS技術、RF-ID通信技術など)についての技術課題と、これを解決するいくつかの先進技術の研究内容を紹介します。
    11月25日(日)午後1時00分~20分に山尾研の卒研説明会を東10号館319号室で開催しますので、従来にない新しい技術にチャレンジしたい人は奮ってご参加ください。
    ■2018.11.9 ペルーの前通信副大臣カルロス・バルデス博士(電気通信大学OB、ペルーにおける日本地デジ方式の政策推進の多大な貢献により叙勲)が大学を訪問され、AWCCの山尾研究室を見学されました。(写真はこちら)
    ■2018.10.20 山尾教授は電子情報通信学会無線通信システム(RCS)研究会の30周年記念シンポジウムのパネル討論 「移動通信の未来」にパネラとして参加しました。
    ■2018.10.6 山尾教授は電通大で開催された第9回横幹連合カンファレンスのOS16 「超スマート社会とIoT(通信、組み込みシステム、センサ)」セッションにて、「ワイヤレス通信とIoT―ミクロとマクロの視点~電波伝搬との関連から (山尾 泰, 藤井 威生)」と題した講演を行いました。
    ■2018.9.18-20 菅平セミナーハウスにてAWCCの研究室合同の合宿を行いました。(写真はこちら
    ■2018.9.11-14 電子情報通信学会のソサイエティ大会において、勝亦亮介君(M2)、阿部友希君(M1)、舟山空良君(M1)が研究成果を発表しました。
    ■2018.9.9 イタリアで開催された国際会議 PIMRC(Personal, Indoor and Mobile radio Communications)2018にて、 大学院生の土生卓君(M2)は、ビームフォーミング送信機向けの非線形補償法についての研究成果を発表しました。
    ■2018.8.30 ポルトガルで開催された国際会議 ISWCS(International Conference on Wireless Communication Systems)2018にて、 大学院生の阿部友希君(M1)は、帯域分割並列信号処理による広帯域非線形補償法についての研究成果を発表しました。
    ■2018.8.20 中国で開催された 日中次世代移動通信技術および応用ワークショップにて、 山尾教授は5Gに向けた高周波ハードウェア技術について講演しました。
    ■2018.8.4 富山で開催された国際会議 PIERS(Progress In Electromagnetics Research Symposium)2018にて、大学院生の菊地陽介君(M2)と舟山空良君(M1)がそれぞれ、ITS車車間通信における交差点での電波伝搬解析、金属製物品棚における920MHz帯RF-IDの電波伝搬特性についての研究成果を発表しました。
    ■2018.7.13 電子情報通信学会の 無線通信システム(RCS)研究会にて、 大学院生の土生 卓君(M2)が研究発表を行いました。
    ■2018.7.5 チェコで開催された国際会議 ICUFN(International Conference on Ubiquitous and Future Networks)2018にて、 山尾教授はダイナミックマルチホップネットワークについての研究成果を発表しました。
    ■2018.4.26 東京工業大学 移動通信研究グループ(MCRG)と 電気通信大学 先端ワイヤレス・コミュニケーション研究センター(AWCC)共催によるオープンハウス2018が東京工業大学大岡山キャンパスにて開催され、山尾研究室の研究成果の一部をポスター発表しました。
    ■2018.4.23-24 電子情報通信学会の無線通信システム(RCS)研究会にて、山尾教授は「車車間通信における中継アシスト技術の研究 ~ブロードキャスト通信信頼度の向上と配信遅延の低減をめざして~」と題した招待講演 (内容) を行いました。 また山尾教授および大学院生の菊地陽介君(M2)が、それぞれITSの車々間通信に関する研究発表を行いました。
    ■2018.3.23 大学院前期課程2年の加田ゆうきさんが成績優秀者に送られる目黒会賞を受賞しました。
    ■2018.3.21 電子情報通信学会の総合大会において、阿部友希君(B4)が研究成果を発表しました。
    ■2018.3.2 電子情報通信学会の情報ネットワーク(IN)研究会にて、大学院生の林 真広君(M2)が研究発表を行いました。
    ■2018.2.28 電子情報通信学会の無線通信システム(RCS)研究会にて、大学院生の土生 卓君(M1)が研究発表を行いました。
    ■2018.1.14-17 米国で開催された国際会議 IEEE RWS (Radio & Wireless Symposium) 2018 にて、 大学院生の加田ゆうきさん(M2)は、デュアルバンドリコンフィギャラブ ルBPFの設計と試作についての研究成果を発表しました。
    <以前のニュースはこちら>